不動産業と宅建業との違い

不動産業と宅建業は同義ではありません。不動産業には、売買、仲介(「媒介」ともいわれます)、賃貸(土地や住宅・ビルの大家)、管理(分譲マンションの 管理、賃貸物件の管理等)など、様々な業種が含まれます。一方、宅建業は、不動産業のうち、売買や仲介といった取引(流通)を取り扱う業種のみが含まれます。不動産を取り巻く会社には様々なものがある中で、私たちが住宅の売買や貸借をするときにかかわりのある、「宅地建物取引業(略称=宅建業)」について理解しましょう。宅建業は「宅地建物取引業法」という法律の規制によって、国土交通大臣または都道府県知事の免許を受けた者でなければ営むことができません。免許の有効期間は5年です。
一般素人の私にとっては不動産業と宅建業の違いというものは全くわかりません。最近、不動産屋さんと接する機会が多いので、この機会に少し勉強してみようと思います。 不動産を扱う会社というのは数多くありますし、住宅を購入する際や貸借する際に利用する会社の種類も豊富だということができます。その中でも良く耳にする宅建という言葉ですが、これは宅地建物取引業という言葉を略したもので、不動産とはまた異なるものを示しています。そもそも不動産業というのは住宅などの売買や仲介業、また土地などの管理や物件を扱う大家業を含めた賃貸や管理業などの業務を行っています。宅建業というのはこうした業務において、売買、仲介業務など取引のみを行うものです。宅地建物取引業は自分が管理している土地、あるいは建物の売買・交換に関わることができるだけでなく売買・交換、また貸借についての代理や仲介を行うことができます。ですから、住宅に関わることに関しては不動産だけでなく宅建業についても知識を深めておく必要があると言えます。

382

景気回復の切り札になる不動産業

消費税が8%に増税され人々の購買意欲はどのような変化をみせているのでしょうか。住宅ローンに関しては過去の長い歴史の中で最も低い住宅ローン金利となった事で話題になりました。新築一戸建てやマンションの購入を迷われているかたにはチャンス到来かもしれませんね。一方、高額消費以外の生活的消費のほうは自分の趣味や自由な時間のための出費が増えているようです。トレーニングジムへ通ったり習い事にかける割合が増えてきています。
最近ではアベノミクスという言葉が頻繁に使われていますが、私のような一般庶民にはあまり恩恵を受けているようには感じられませんし、むしろ消費税は上がるのに対して、給料は変わらず・・もしくは下がってしまっているので、今まで以上に出費は抑えたいと思ってしまいますし、景気にとってはまさに悪循環そのものですよね。 現在はあまり良くないことに不景気といわれているので、国民は景気がよくなることを望んでいます。そんなあまり景気の良くない日本の助け舟になるかもしれない業界があります。それが不動産業界です。不動産業で取り扱われている商品は土地や建物といったものがほとんどなので、高額なものがほとんどです。そのために一回の取引で授受されるお金は普通の商売のものと比べてはるかに多いです。日用品や家電製品も家の中にあるものとしては比較的高額ですが、土地や建物と比べると大分安く感じます。不動産というものは人が生涯で購入する最も高額な商品とも言われています。ではタイトルに書かれているように、なぜ不動産業が景気回復の切り札になるかもしれないかについて述べていきます。まず企業が扱っている不動産が一度取引されるとまずその代金の支払いが行われます。さらに取引されたものが土地だった場合そのあとにその土地に住宅を建てることもあります。住宅を建てようとすると、建設会社に依頼をしなければなりません。家を建てるだけでも大金が必要なので、ここで建築業にお金が流れ込みます。さらに建設会社は住宅を建てるためには資材が必要です。その資材を他の商店から購入をしなくてはなりません。そこで資材を販売しているところにも代金を払わなくてはならないので、資材を販売しているお店にお金が流れます。この際家を建てるためのものなので、たくさんの資材が必要なので、一度の取引で多くのお金が流れます。さらにその資材を運ぶためのものが必要です。そこで利用されるのが運輸業です。ここで運輸業者にもお金が流れます。このように家を一軒建てるだけでもいくつかの業種の力が必要なってきますし、その分お金も流れます。また最後に住宅を作ると家の中の設備も必要です。日用品や家電製品などを購入しなければならないので、そこでまたお金が流れます。このように不動産業が一度取引を行うといろいろな業種が必要なので、いろいろなところにお金が流れます。このために、不動産業は消費や経済の活性化につながります。つまり不動産業が活性化するれば景気回復にもつながるのです。

Copyright ©All rights reserved.不動産業と宅建業との違い.