PCを上手に使う

パソコンを上手に使える人と使えない人は紙一重です。 周りに一人くらい必ずと言って良いほどいるのが『出来るつもり』になっている人・・・ そんな人ほど実はパソコンの寿命を縮ませる原因を作っているのかもしれません。 まずは自分にも当てはまらないかと気にして以下のチェックをしてみてください。 1: なんでもコンピュータでやりたがる人 2: 仕事用のPCでゲームをやる人 3: コンピュータの電源を入れたらすぐ席を離れる人 4: おかしな現象がでても、その内なおると思う人 5: コンピュータのある部屋を禁煙にしない人 6: マメにアップデートしない人 7: 便利なAPLを見つけるとすぐインストールする人 8: バックアップを普段とっていない人 9: PC内に写真を沢山保存している人 10: 電子メールを消さずに何時までも保存したがる人 11: マウスの形やアイコンを標準からやたら変えたがる人 12: 自分はコンピュータに詳しいと思っている人 13: コンピュータには大事なデータは入れていないと思っている人 14: タワー型ミニでもなんでも直接床に置きたがる人 15: データをPC内に持っているのに、フォーマットが変わると、少量だからと再入力してしまう人 16: なんでもワープロ機能で処理する人 17: 一太郎に固執してWordがいつまでも使えない人 パソコンは万能な分、繊細な機械です。 大事に扱いましょうね。

パソコン知識を高めよう | PCを上手に使う | USBメモリについて | HDアクセスランプ | 印刷トラブル | Site Map

Copyright © All rights reserved.パソコン知識を高めよう.